スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お客様の立場に立てば・・・

アートメイクという名称は一般的になりつつありますが、
まだ認知度は低いようです。

私も行政書士として名刺交換などをするときには

「妻が自宅で美容サロンをやっていまして・・・」
「美容院ですか?」
「いえ、アートメイクサロンです。」
「アートメイク???」

なんて会話にだいたいなります。

でもそのあとに説明をすると、なんとなくわかってくれる方もいて
名称としては認知されていなくても、

「あー聞いたことある。」

と言われることもあります。

また、呼び方もアートメイク以外に
「パーマネントメイク」とか「ファインメイク」とか色々あり
その辺で少し混乱される方もいらっしゃるのかなぁとも思います。

妻は特殊メイクを職業としてやっていると勘違いされたこともあります。
(自宅で特殊メイクって、誰にやるのか?)


妻いわく芸能界ではかなりアートメイクをやっている方が多いそうです。
その辺はプロなので芸能人にかかわらず、アートメイクをやっているかどうか
はすぐにわかるそうです。
(もちろん確認などできないので、あっているかどうか分かりませんが・・・)

ただ、最近はかなり技術が上がり、皆さん自然な仕上がりになってきている
ので、普通の方ではなかなかわからないと思います。

アートメイクを提供している側にとっては知名度の問題は悩ましい問題です。
お客様の立場に立てば、「あの人アートメイクやってるね」なんてことは
いってほしくないはずです。
それは、眉にコンプレックスがあった妻が痛いほどよくわかっています。

だから、アートメイクは誰でもが知っていることではなく、
知る人ぞ知るといったスタンスでいいと思ってます。

無理にやるものではなく、どうしてもやりたいといった方に
こっそりとやってもらえればいいと思います。

もちろん、アートメイクのメリットはたくさんあるので、
それはそれで必要があると思われる方々には
説明していく活動は行っていきますが、誰でもがメリットというわけ
ではなく、迷っている方に対して「とりあえずやってみましょう!」
みたいなことは言いたくありません。

技術がいくら上がっても、また何年経験しても、
常にお客様の立場に立った気持ちになれば
やっぱりアートメイクの認知度はこれくらいでいいのかなぁ
と思ってしまうのです。



スポンサーサイト

プロフィール

ばばあつし

Author:ばばあつし
主に登場する人々

私  :46歳 インテリア関連の
     卸売会社に勤務。
     平成20年行政書士試験
     合格。
     アートメイクティドゥルの
     営業係長
妻  :34歳 平成17年より自宅にて
     アートメイクサロンを開業。
息子 :9歳 小学4年生 
     地元のサッカークラブに
     所属。
娘  :13ヶ月 ちょっとは女の子らしくなってきてます。

おんぷ:3歳 トイプードル♀

最新記事
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
メールはこちらからどうぞ!
ご意見、ご感想などのメールはこちらからお願いします。 同業の方々の情報交換についてもこちらでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
お好きなテーマをお選びください
リンク
最新トラックバック
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。