スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイレが壊れました

会社のトイレが壊れました。
いわゆるトイレのつまりです。

緊急性が高く、気軽に頼めるということで、
インターネットで検索すると、
たくさんの水道工事業者がこの手の修理を
行っています。

実はこのような水道工事業者にはかなり悪徳なものがあり、
今年に入って東京都や神奈川で営業停止等の行政処分を
受けているところがあります。

その手口は、

・見積もり金額も提示せず、すぐに作業をして最後に高額な請求をする。
・ただのトイレのつまりなのに、便座ごと取り替えないと直らないと迫る。

そのような、いかにもというような感じですが、
ほとんどの人が水道工事などに専門知識がないので
誰もがこのような状況になる可能性があります。

特に排水管のつまりなどは目に見えず、特定やその原因などは
はっきりとわかりません。
悪徳業者とはいわなくても、修理にきてもらえば
ほとんどのケースが業者の言いなりになってしますことでしょう。

つまり、ほんのちょっとしたものが詰まっていても、

「何かわからないけれど、とんでもないものが詰まってますよ。
高圧洗浄の機械を入れなければ取れませんが、どうします?」

といわれれば、通常はお願いしてしまうということです。


呼んだ業者の言いなりになるのなら、信頼できる業者を。
ということで、よく言われるのは地元の業者と日頃から
お付き合いしておくのがよいそうですが、
それが、なかなか水道業者なんて・・・地味ですし、まして
仕事も依頼しないのにお付き合いなんて出来ませんよね。
しかも、地元の業者は一般家庭の工事などではなく公共事業に
積極的なところが多く相手にしてもらえないこともあるようです。

結局のところ一番いいのは、水道局や下水道局に問い合わせて
業者を紹介してもらうのがいいようです。

そんなアドバイスをした私が選択したのは、
一番危ないインターネットから選びました。

途中から、もしかしたらやばいかも・・・と思いながら、
でもこのような消費者トラブルの経験をしてみるのも
行政書士として勉強になると思いそのまま依頼しました。

消費生活センターに行き話しをしたり、
水道局や下水道局の方とも電話で話しをしました。

会社のトイレは思っていた以上に重症で、3日間の工事は
必要なもので、今はまだ終了していません。

この業者が悪徳だったたかどうかは今の時点ではわかりませんが、
2、3日中には詳しくご報告できると思います。
このようなトラブル対応の参考にしていただけたらと思います。










スポンサーサイト

| NEXT≫

プロフィール

ばばあつし

Author:ばばあつし
主に登場する人々

私  :46歳 インテリア関連の
     卸売会社に勤務。
     平成20年行政書士試験
     合格。
     アートメイクティドゥルの
     営業係長
妻  :34歳 平成17年より自宅にて
     アートメイクサロンを開業。
息子 :9歳 小学4年生 
     地元のサッカークラブに
     所属。
娘  :13ヶ月 ちょっとは女の子らしくなってきてます。

おんぷ:3歳 トイプードル♀

最新記事
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
メールはこちらからどうぞ!
ご意見、ご感想などのメールはこちらからお願いします。 同業の方々の情報交換についてもこちらでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
お好きなテーマをお選びください
リンク
最新トラックバック
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。