スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行政書士って何するの?

今日は私が所属する、行政書士会町田支部の理事会に出席しました。
私はまだ入会したばかりですので、もちろん理事ではないのですが、
一般の会員も参加自由ということで、オブザーバーとして参加しました。

久しぶりに行政書士の話題ですが、
行政書士が何をするのかほとんどの人はわかりません。
なので、名刺を渡すときはまずここから説明します。

弁護士は皆さん、なんとなく何をするかわかりますよね。
そこで弁護士と行政書士をちょっと比較してみます。

弁護士は訴訟代理といわれています。
裁判では依頼者にかわって権利、義務を主張することが出来ます。
依頼者に代わってということなので、依頼者の利益のために
働きます。当然それに関わる相談なども弁護士の仕事になります。

それに対し行政書士は手続き代理といわれます。
国や市町村に対し許認可を申請する際に本人に代わって作成、提出
まで行うことができます。

代書屋という言葉で表わされることが以前はありましたが、今は弁護士
と同じく代理行為も行うことができるので、依頼者の利益のために
、つまり手続きの結果に得られる許認可等を取得するために働きます。
単に手続きをすることが仕事ではないということです。
さらに権利義務を主張するための書類作成も出来、こちらも依頼者の
利益になること(または不利益にならないこと)が目的ですので、
そのための適切な文書作成が仕事となります。
そしてそれらの文書に関する相談業務も行政書士の
仕事の一つです。


訴訟も手続きも依頼者が目的を達成するための手段です。
弁護士は訴訟を、行政書士は手続きを手段として、
依頼者の目的を達成することで報酬を得られるのです。

多少固くなりましたが、なんとなく理解できましたでしょうか???
じゃあ、具体的には何するの?って声が聞こえてきそうですね。
これは今、目的としているものがない方にはピンときません。

ちょっと長くなりましたので、また次回具体例をお話していこうと
思います。





スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

ばばあつし

Author:ばばあつし
主に登場する人々

私  :46歳 インテリア関連の
     卸売会社に勤務。
     平成20年行政書士試験
     合格。
     アートメイクティドゥルの
     営業係長
妻  :34歳 平成17年より自宅にて
     アートメイクサロンを開業。
息子 :9歳 小学4年生 
     地元のサッカークラブに
     所属。
娘  :13ヶ月 ちょっとは女の子らしくなってきてます。

おんぷ:3歳 トイプードル♀

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
メールはこちらからどうぞ!
ご意見、ご感想などのメールはこちらからお願いします。 同業の方々の情報交換についてもこちらでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
お好きなテーマをお選びください
リンク
最新トラックバック
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。