スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資格試験勉強法 その5

資格の合否はノートで決まる!の第3章合格ノートの鉄則②として、
受験者の状況別に6種類のノートの活用法を紹介しています。

この章で一番参考になるのは、スクールに通学されている方向けの
ノート活用術だと思います。

私もそうでしたが、スクールに通学するとそのスクールのペースで
スケジュールが消化されていき、最後まで主体的な学習ができない
といったことが多くなりがちです。
テキストやプリントなどの教材も充実しており、それをもらうだけで
勉強した気になってしまいます。

私は資格試験のスクールとして利用したのはLEC(行政書士)、
TAC(中小企業診断士)でしたが、どちらの学校でもこの本に
あるような細かいノートの活用の仕方などの指導はありそうで
なかったように思います。
スクールではどんどん情報提供はしますが、そのあとの情報の整理に
ついては自己責任であるといえます。

ですから、特にこれからスクールに通われる方は、受講前に
ある程度自分の復習スタイルを確立しておくことをお勧めします。
さきほども書きましたが、いざ講義が始まってしまうと、
とにかくその講義を聞くことだけが勉強だと勘違いしてしまい
出席率だけで満足してしまうことでしょう。

私が行政書士試験2年目にLECに通学した時は、まさにそのような状態で
仕事が終わり、ギリギリ駆け込みで教室に入ることで
「あー今日も講義が一日無駄にならずにすんだ。」
などと思ったものでした。
7月位から始まる答練ではのんびりとした講義での雰囲気から抜け出せず、
最後まで自分のペースがつかめずに試験本番を迎えてしまったといったところです。

横溝先生もおそらくこのスクール通学派に対して最も気をつけなくては
ならないグループと考えていらっしゃるようで、最もページを割いて
解説しています。

私も実は通信や独学の方に関してはあまりアドバイスすることはありません。
なぜなら、このスタイルを選んだ段階で
一応、スケジューリングや情報整理に関して自己責任を覚悟しているわけですし、
いい悪いは別としてそれなりの考えを持って学習に臨んでいると考えられるからです。

また、比較的初期の段階で学習ペースが進まないという悩みが発生し
自分の学習スタイルを見直しする機会が多いということも、早い段階で
その学習スタイルを確立しやすいといえます。

もちろん、それを乗り越えられず挫折してしまう可能性が高いのも
通信、独学のデメリットですが・・・

通学のデメリットとしてまず費用がかかると一般的には言われますが、
私が経験上、最も気をつけなくてはならない点は、
情報整理する必要を感じるのが、通学派の場合、意識しなければ
取り返しのつかない時期、つまり直前期になってしまう可能性が
大きいということだと思います。
通学派の最も大きなデメリットはそこに気がつかず、毎年毎年
スクールに通い続けてしまうところにあると思います。


私の行政書士試験一年目は通信講座を6月に申込み、10月に受験しました。
法律知識のほとんどないという状態で6月スタートというのはかなり無謀なことで
当然不合格。記念受験のようなものでした。
通信講座はフォーサイトというところのものを利用しました。
ここを選んだのは安かったからという不純な動機でした。
ただ、テキストは今思えば悪くなかったように思います。
講義の内容は一覧表でよくまとまっていて、法改正のなかった科目に関しては
20年度の受験の際も利用しました。

二年目はLEC通学講座に通いました。
この年で絶対決めたいという情熱だけで臨みました。
横溝先生の言うところのまさに『力業』で勉強したということです。
とにかく可能な限りの講座を受講しました。
先ほど書いたように、講座を受けることが目標になっていました。
オプション講座も色々と申込み、みごとにLECの術中にはまりました。(笑)

三年目は全くの独学で、二年目のLECでの知識の記憶だけで、一応受験しました。
教材も二年目のLECテキストを使用。
この年の受験直前に横溝先生のブログを知り、ホームドクターサポート制度の
一期生となります。
この申込みをしたのが、この年の受験の前日で横溝先生も「なんでこんな時期に?」
と疑問を持たれたそうですが、自分としてはもうこの年の合格はあきらめ、
とにかく早く次のスタートが切りたいという気持ちからでた行動でした。

そして四年目はこのホームドクターサポートと過去の経験を生かし?
合格することができました。
このホームドクターサポートと先生のブログでアドバイスを受けてきたことが
この『資格の合否はノートで決まる!』の内容になっているということです。

合格した喜びは様々ですが、先生の指導法が間違いでないと証明出来たことが
本当にうれしく思いました。

だだ、先生の指導の仕方は手取り足取りというものではありません。
基本的には自分で考え、そして自分で主体的に勉強するといった
資格試験の王道といったものでした。


ちょっと長くなりましたので、今日はこのあたりで。
次回は第四章合格ツールの強化術①ということで、
私も使った色々なツールを紹介します。








スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

ばばあつし

Author:ばばあつし
主に登場する人々

私  :46歳 インテリア関連の
     卸売会社に勤務。
     平成20年行政書士試験
     合格。
     アートメイクティドゥルの
     営業係長
妻  :34歳 平成17年より自宅にて
     アートメイクサロンを開業。
息子 :9歳 小学4年生 
     地元のサッカークラブに
     所属。
娘  :13ヶ月 ちょっとは女の子らしくなってきてます。

おんぷ:3歳 トイプードル♀

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
メールはこちらからどうぞ!
ご意見、ご感想などのメールはこちらからお願いします。 同業の方々の情報交換についてもこちらでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
お好きなテーマをお選びください
リンク
最新トラックバック
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。