スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘の名前

昨年、娘の誕生から半年後、私の父が亡くなりました。

不妊治療を続け、奇跡的に妻が妊娠している事がわかったのが昨年の3月。
父は3年前に大腸癌の摘出手術をしたのですが、今度は癌が肝臓に転移し
その摘出手術をしたばかりでした。

まだまだ流産の可能性もあったので迷いましたが、術後、なんとか父に元気になって
もらいたいとの思いから、5月ごろ、妻の妊娠を伝えました。
不妊治療の事も全く伝えていなかったので、父は本当に驚き、そして
「この子の顔を見るまでは死ねないなぁ。今度は女の子がいいなぁ」と喜び、
生きる希望が出来たようでした。

6月に父の様態が急変し、入院となりました。
かなり重い肺炎との診断で人工呼吸器をつけ麻酔をかけ、意識のない状態が何日か続きました。
そして肺炎が少し収まりかけたときに、今度は脳梗塞で右半身が麻痺している事がわかりました。

順調だった妻も8月に切迫早産のため急遽入院。
かなりの確率で流産を覚悟しました。

父もこれから生まれてくる子も、同時期に生と死の狭間にいたようで、とても運命的なものを感じました。

妻の状態が安定してきて、子どもが女の子であることがわかりました。
父にこの事を伝えたいと思いましたが、父はもうほとんど意識がない状態でした。


このころから、これから生まれてくる娘は父の生まれ変わりなのではないかと
思うようになりました。何の根拠もありませんが、父が必死に娘をこの世に誕生させようと
頑張ってくれているようでした。

妻も入院中にそれを強く感じていたらしく、色々と悩んでいた娘の名前に
父の名である『寿』という字を入れたいと申し出てくれました。

妻は
「お父さんが生きていてくれれば、その名前を聞いてくれたらもちろん喜ぶし、
仮に亡くなってしまってもその名前が娘に受け継がれる事が出来るので是非そうしたい。」
と言ってくれました。

毎日のように病院でほとんど意識のない父に付き添っていた母にそのことを伝えると
父の事をある程度覚悟していたのか、涙を流し「良い名前を考えてくれてありがとう」と
言ってくれました。

9月に娘が生まれました。
父はほとんど意識のない闘病生活ながらも、娘の誕生まで頑張ってくれました。
あとはなんとか娘を見せてあげたいと願っていましたが、娘も未熟児で生まれ
免疫力もかなり弱く、父の病院への入室は当分見送られました。

3月に入り、父の様態がかなり悪くなってきました。
娘も順調に育ち、病院の許可を得て父と対面させることにしました。
肺の機能が低下し、普段は麻酔をかけ眠っている状態だったのですが
一時的に麻酔を切り、娘を父に見せました。
父と娘が同じ空間にいたのはほんの2~3分でした。
父は黙って眠っているだけ、6ヶ月の娘ももちろん何も分からず黙っているだけでした。
これが父と娘の最初で最後の対面となりました。

この日の一週間後に父は亡くなりました。

娘の名前は「寿羽」とかいて「ことは」と読みます。
娘が大きくなり自分の名前の由来を聞いてきたら、
私はこの事をしっかりと伝えてあげたいと思っています。






スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

ばばあつし

Author:ばばあつし
主に登場する人々

私  :46歳 インテリア関連の
     卸売会社に勤務。
     平成20年行政書士試験
     合格。
     アートメイクティドゥルの
     営業係長
妻  :34歳 平成17年より自宅にて
     アートメイクサロンを開業。
息子 :9歳 小学4年生 
     地元のサッカークラブに
     所属。
娘  :13ヶ月 ちょっとは女の子らしくなってきてます。

おんぷ:3歳 トイプードル♀

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
メールはこちらからどうぞ!
ご意見、ご感想などのメールはこちらからお願いします。 同業の方々の情報交換についてもこちらでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
お好きなテーマをお選びください
リンク
最新トラックバック
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。