スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こどもの保険3

最後にご紹介するのは、自分のためというより、
相手があり、その相手に対する損害賠償のための保険です。

他人のものを壊してしまった・・・
ケンカして、友達に怪我をさせてしまった・・・
自転車で人にぶつかり大怪我をさせてしまった・・・

そんな、いつもあるようなことではありませんが、
こどもが活動的になるに従って、いつあってもおかしくない
ような過失です。

うちの場合、昨年9月に通学途中、道路に面した古いお墓を
押して倒してしまい、この保険を使いました。

こんなこと、全く予想していませんでしたが、
保険が役に立ちました。

こどもの場合、何が起こるか、全く予想できないので
あらゆるものをカバーする包括的な賠償保険が必要だと思います。

医療保険のところでもお話しましたが、自分のことに対しての医療費は
こどもなら、大体の自治体で助成を受けられますし、
もし年齢的に適用がなくても高額医療制度を利用すれば、いくら医療費がかかっても
ある程度の上限(6万~8万位)以上は還付されます。

ただ、相手に怪我をさせてしまった場合は、基本的には相手の健康保険も
使えず、実費負担となり、ちょっとの怪我でも高額な金額がかかる可能性があります。

このケースも逆の立場で、昨年のGWに経験しました。
この時は息子は、公園内で6年生の自転車にぶつけられ転倒、
頭とお腹を道路に打って、病院に入院。

この時の医療費はこちら側の健康保険を使いました。

うちは被害者でしたので、後日相手の方から、うちが支払った医療費相当分を
全額振り込んでもらい、実質、うちの負担はなかったのですが、

数ヵ月後、うちが加入している健康保険組合から、
第3者による事故の場合は詳細な事故の報告が必要との連絡があり
自分自身の過失による怪我でなければ、健康保険による負担が出来ないとのことでした。

今回、相手の方も保険に加入されていたので、保険組合と保険会社の話し合い
になりましたが、加入していなければ、相手の方が全額負担したのだと思います。

わりと大きな救急病院で、詳細な検査をして、2日入院して20万円位かかったと思います。


ですので、こどものための保険としての必要性は医療保険よりも
損害賠償保険のほうが断然高いと思います。

前にご紹介した、都民共済にも、この損害賠償はついているのですが、
保険金の支払い限度は1事故につき100万円なので、損害賠償としては
少ないかなと思います。

人の命や健康に関するものも含まれるのであれば、賠償金は億単位のものが望ましいと思います。
当然、使うに越したことはありませんが、少ない掛け金で大きな保障という点では
もっとも保険のメリットを生かしている種類の保険ではないかと思います。

うちが加入しているのは、エース損害保険というところで、
小学1年生から加入して中学3年生まで補償される一括払いのもの。
金額も5万円位だったので、1か月に換算すると500円位です。


こどもの保険を3回に分けてご紹介しましたが、
全部に加入する必要はないと思います。

ご家族によって、優先順位は変わってくると思いますが、
私が考えるには、掛け金のお手軽さと補償の大きさからも
①損害保険

どうしても必要というわけではないが、こちらも掛け金の安さから
②共済

別の形で貯蓄出来るなら、わざわざ保険にしなくても・・・ということで
③学資保険

という順位になりました。

今、色々な種類の保険商品があり、ご紹介した3つの保険が組み合わされたようなもの
もありますが、それぞれのご家族の経済状況や資産状況など総合的に判断し
無駄のないものをお選び頂きたいと思います。

うちはたまたまだと思いますが、もう十分元をとったと思いますが、
(支払いよりも、受け取り金額のほうが多い)
多少損をしても、何事もなくお子様が成長されることが、なによりだと思います。

こどもの保険は、見返りを期待せず、お守りだと思ったほうがいいのかなぁという気がします。

具体的なご相談はお気軽にこちらまで
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
暮らしの手続き法律無料相談室

こどもの保険 その2

前回は、将来のある時期、必ず支払われる『学資保険』についてお話しました。

今回は何かあったら支払われる(何も無ければ支払われない)保障型の保険について
お話します。

まず、怪我や病気などの通院、入院、手術などに備えた医療保険がありますが、
こどもの場合、少し大人の医療保険と事情が違ってきます。

こどもが医療機関にかかる場合、東京都の場合、小学校入学前であれば
乳幼児医療費助成制度事業(マル乳)があり、医療費は全額助成されます。

さらに小学校以降は自治体によってさまざまですが、6年生、または中学3年生
まで、医療費を助成してもらえます。

東京都では、入院時の食事代(通常は健康保険適用外)まで助成してくれる
区もあり、各区では子育て支援のために積極的に助成対象を広げています。

つまり、こどもの場合、医療費そのものには負担がなく、
特に医療保険にはいる必要がないということになります。

実際にそのような制度がある為、大人の医療保険のように
沢山の種類の保険商品がありません。

だだ、通院はともかく、実際に入院などをすることになると
医療費以外に、なにかとお金がかかります。

うちの息子の骨折の時は約10日入院しましたが、
片手が使えないため、毎日食事の時間には付き添わなくてはならなかったので
必ず、私か妻が行っていました。

生活がバラバラになるため、食事は殆どお互い外食やお弁当になり、
交通費や、普段は使わない日用品など、細々な出費が重なります。

とんでもない金額ではないけれど、入院しなければ発生せず、
自己負担するのはなぁと思う金額を少し超えて、そのおつりで
家族で退院祝いの食事が出来る位の保障があれば充分ということです。

うちが入っていたのは、都民共済のこども型で月々の掛け金は1000円と
かなりお手軽です。さらに割戻金が25%ぐらいあります。

それでいて、保障は入院1日目からで5000円、通院も2000円
これから詳しくお話しますが、第3者への損害賠償もちょっと少なめですが
100万円出ます。

この、こども型には掛け金2倍(2000円)、保障も2倍(入院等10,000円)
の2型もあり、うちのようなとても不注意なお子様はこちらがオススメです。
(うちも2型に変えようかなと思ってます。)

この共済の特徴は完全な掛け捨てタイプですので、どの時点で加入しても
掛け金は1000円or2000円の一律となります。
当然解約金などはありませんが、必要と感じた時にすぐに加入できる気軽さがあります。

これから紹介する損害保険にも入院や通院に関しての給付はありますが、
こちらの対象は、事故などによる怪我に限られます。

それに対し共済の入院給付金は病気によるものも含みます。

何か起きたときの請求も簡単ですし、給付もスピィーディーでした。

今、お子様の為に何も保険に加入していない方で、
今後もそれほど大きな保険に入る気持ちが無いという方でも
実質、1000円以下で加入できるこの共済に加入して損は無いと思いますよ。


次回はお子様が、他人に何かしてしまった場合の保険、損害保険について
お話いたします。

具体的なお話はこちらで詳しくどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
暮らしの手続き法律無料相談室




こどもの保険

このブログを以前から見ていただいている方は、
家の息子(小学校2年生)のやんちゃぶりを良くご存知だと思います。

ご存知ない方のために・・・

・昨年GWに自転車事故で入院
・9月には近所の墓地で古いお墓を壊してしまう。
・11月にはまたまた、自転車でこけて右手を骨折し、手術、入院。

とこんな具合に色々とありました。
ほとんどのお子様はこんなことはないかと思いますが、
我が家の実体験と、一応FPでもあるので、何かのお役に立てればと思い
こどもの保険についてご紹介したいと思います。


『こどもの保険』というとまず思い浮かぶのは
いわゆる学資保険だと思います。
この保険に入られている方は多いと思います。
有名なのは『かんぽの学資保険』ですね。

こどもの保険は大きく分けるとこの学資保険のような将来確実な使い道のための
貯蓄型と何かあったときのための保障型に分けられます。

保障型はさらに、入院や手術など自分の支出を補うものと、
他人のものを壊したり、怪我をさせたりした場合の損害賠償のための
ものがあります。

別の言い方をすると、①将来確実に受け取れるものと、②何かなければ受け取れないもの
に分けられます。

これはこども保険に限ったことではないのですが、当然全ての保険では
①のようなタイプよりも②のようなタイプのほうが利回りが良くなっています。

実際、多くの学資保険は支払った保険料のほうが、受け取る額を上回ります。
いわゆる元本割れということです。
最近では、色々とオプションがついたタイプがあるので、わかりにくいですが、
基本は損をします。

ですから、しっかりと貯蓄できる方は学資保険ではなく、定期や定額の貯蓄をされた方が
利率の面ではいいと思います。
ただ、お子様が小さい方は実際に進学のために使うまでの期間が長いため、
何かしら理由をつけて、貯金を引き出してしまう可能性があります。

うちは絶対それをやってしまいそうなので、そんな理由から学資保険に入っています。
ちなみにうちが入っているソニー生命の学資保険は元本割れはしませんが、
長期貯蓄に見合う利息は付きません。

受取額とお子様の年齢によって保険料は様々ですが、
単純に計算すると、受け取りたい金額を受け取りたい時期までの期間で
割ると月々の保険料が計算できます。

たとえば、生まれたばかりのお子様が大学入学時に200万円受け取りたい場合
200万円を18年(216ヶ月)で割ると9300円位になります。
小学校入学時のお子様の場合は144ヶ月なので13,900円位です。

学資保険の特徴として、契約者(多くは保護者)が死亡した場合でも
支払は停止して、保険料が受け取れるというメリットがありますが、
もし、保護者の方が割りと高額な生命保険に加入されているのであれば、
そのような特典は必要ないかと思います。

ですからやはり、学資保険は保険というよりも、手を付けづらい確実な貯蓄と
割り切って考えたほうがいいかと思います。

学資保険の話が長くなってしまいましたが、
実は私が、お話したかったのは、こちらの学資保険よりも
保障型(若しくは補償型)の方なのです。

次回はこの保障型保険について、我が家のケースもご紹介しながら
ご説明させて頂きます。

具体的なお話はこちらで詳しくどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

暮らしの手続き法律無料相談室










息子の復帰戦

まず、お詫びを。

息子のサッカーのコーチがこのブログを探してくれたとのこと。
拍手にコメント欄があること、気付きませんでした。
すいませんでした。

なべコーチ、ブログを読んで頂いてありがとうございます。
また、たまにのぞきに来てくださいね。

サッカーのことも書いていきますので・・・

とはいえ、まだまだ、家の息子はサッカーに行っている感じじゃありません。
本当にご迷惑をおかけして申し訳ありません。(いつもいつもですが・・・)

骨折から復帰して久しぶりにみんなに会えて嬉しかったんだと思います。

それを試合で表現してくれればいいのですが。
ついつい、別のことで調子に乗ってしまいます。

これからも、ビシビシとご指導、宜しくお願いいたします。


ところで、今日の試合ですが、はじめてPK戦を見ました。
もちろん息子は出ていませんでしたが、
知っている子が打つ時には、緊張しますね。

正確には、自分が打つ番だったらと想像するとですが。

決めて喜ぶ子、外して泣いてしまう子、様々ですが、
その喜びや悔しさは教えることは出来ませんね。

こんな経験が出来ることがスポーツのいいところの一つだと
思います。

息子も早くこのような経験をしてくれればと思いますが・・・

まだまだ当分先かな。








骨折の経過

息子の腕もだいぶ良くなってきました。
まだシーネ(ギブスの半分のようなもの)をしていますが、
ぶんぶん振り回して遊んでいます。

もうお風呂もはいれるようになりました。

リハビリも少しずつはじめてます。

全治3カ月と言われていたので、あと2カ月位でしょうか。

本人はもう治ったつもりで、テニスなんかはじめてますけど・・・

調子に乗って転ばないことを祈ってます。

≪PREV | | NEXT≫

プロフィール

ばばあつし

Author:ばばあつし
主に登場する人々

私  :46歳 インテリア関連の
     卸売会社に勤務。
     平成20年行政書士試験
     合格。
     アートメイクティドゥルの
     営業係長
妻  :34歳 平成17年より自宅にて
     アートメイクサロンを開業。
息子 :9歳 小学4年生 
     地元のサッカークラブに
     所属。
娘  :13ヶ月 ちょっとは女の子らしくなってきてます。

おんぷ:3歳 トイプードル♀

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
メールはこちらからどうぞ!
ご意見、ご感想などのメールはこちらからお願いします。 同業の方々の情報交換についてもこちらでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
お好きなテーマをお選びください
リンク
最新トラックバック
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。